【お酒コラム】 #6
フルムーン!ブルームーン!

Share Button

 
 
 
osake_title
 
 
 
はじめまして。
リブラボキッチン 豊洲店」の桑原です。
 
先日メーカー様からお誘いをいただき、リブラボキッチンでもご提供しているアメリカのクラフトビール『ブルームーン』のセミナーに参加すべく、汐留にあるコンラッド東京に行ってきました。
 
当日どういうことをするのか聞く前に「満月を見ながらビールが飲めるんだよ~」っていう甘い言葉に、私は「行きます♪」と即答。
なんて単純(笑)。
 
 
 
01ビールは苦手意識があったけど…クラフトビールだったら、種類が豊富でそれぞれのスタイルに個性がありますよね。
 
その中で自分の好きなビールに出会えたり、デザインも地元のビールには親しみやすさがあったり…と、前からクラフトビールに興味があったので、このような機会をいだだけてホントにラッキーです。
 
 
 
セミナーでは、アメリカや日本のクラフトビールのトレンドのお話や、もちろんブルームーンの歴史などなど。
ヘッドブリュワーのキースさん自ら、ブルームーンの美味しい注ぎ方も教えてくださいました。
 
 
それがこちら。
02 
◇  ◇  ◇  ◇  ◇
 
1.ボトルを横にして、専用の台(上の写真の左下に写ってる)に置いて転がす。
  瓶の下の方に溜まった酵母を混ぜるためなんだそうです。
 
2.ボトルを立てて、ゆっくりと蓋をひねる。
 
3.グラスを45度に傾けて注ぎ、ブルームーンの香りを楽しみます。
 
4.仕上げに、味をいっそう際立たせる”オレンジガーニッシュ”を添えて、完成!
 
◇  ◇  ◇  ◇  ◇
 
 
ブルームーン、飲みやすくて美味しいな~とは思っていたのですが、クラフトビールでは全米売上No.1なんですね。知らなかった。
数々の賞を獲得していて、販売数も年々増えているし、すごいですよね~。
 
 
スクリーンに映し出されたグラフや写真を見ながら解説をしていただき、英語が苦手な私でも見やすくわかりやすかったのですが、そんな苦手意識からでしょうか…いつからか私の頭の中は
 
 
「試飲まだかなぁ~」
 
 
ビールを飲むことにシフトしていました。ごめんなさい(笑)。
 
 
 
休憩をはさんで、いざテイスティング!
 
04
 
外観、香り、味、口当たり、アフターテイストの5段階がポイント。
私が一番衝撃をうけたビールは、こちらです!
 
05
 
まずは外観………透き通った小麦色。
 
続いて香り………あ!シナモン!
 
では一口………わ!シナモン! ん、口当たりはクリーミー。
 
のどごし………ぎゃー!やっぱりシナモンだー!!
 
 
06シナモンは好きですがここまでシナモン香の強いビールは初めてでした。
ましてやビールに入れるという発想がすごいですよねー。
 
 
その後も「お!」とか「わー!」とか言いながら全4種類の飲み比べ終了。
 
ワインのようにテイスティングしたことなかったし、普段は自分好みのビールしか飲まないので、いい経験になりました。
 
 
 
 
そしてセミナーが終わり、次は28階のラウンジへ。
(これこれ!待ってましたー!)
 
07
 
ブルームーン片手におつまみを食べながら満月を観る…。
 
08
 
こんな休日はじめてー!とテンションあがる私。
 
 
ただ美味しいから飲むっていうのではなくて、どういう過程で作られているのかとか、作り手さんの想いなんかを聞けたこともあって、より一層味わい深く感じられました。
 
 
 

実は私、この会社に入ったばかりの頃はビールを美味しいと感じたことが全くなくて「こんなに苦いのに、どこがいいんだろう?」なんて思っていました。
 
その後、そんな私なのに”ビールのお店”「東京ビアホール+ビアテラス14」配属となって2年、そして今は「リブラボキッチン」と辿ってきて…
 
今では「とりあえず生で!」が言えちゃってる私………(当時から思えば)考えられない!
休日も「ビールが飲みたい」と呟いちゃってる私………(当時から思えば)絶対あり得ない!!
 
これも成長なんでしょうか? きっとそうですね。
 
 
 
今回セミナーで学んだ美味しいブルームーンの注ぎ方と、味わい方は自分のお店に持ち帰ってさっそく活用しようと思います。
リブラボキッチン 豊洲店」にお越しの際は、ぜひ。
 
 
…てな感じでこれから新店舗でもどんどん成長していきたいと思っておりますので、こんな私をどうぞよろしくお願いします!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
09桑原 知里

東京・ソーワット事業部お酒部門の元気印!
何でもチャレンジしちゃう、好奇心旺盛な皆のお姉さん。
仕事もプライベートも全力でenjoy中。
 
 
 

Share Button