【お酒コラム】 #3
 酒乱賛歌「口噛み酒」

Share Button

 

 

 

osake_title

 

 

 

「口噛み酒:くちかみさけ」
次の時代の楽しみ方(人間の想像力・妄想力で楽しむ)を担う(かもしれない)お酒。

 

 

 

酒の起源については諸説あると思います。

 

代表格でシンプルなものはワインです。
原料とされるブドウの糖分を、空気中どこでもうろうろしている酵母と呼ばれる菌が食べ、アルコールとオナラである炭酸ガスがうまれることがアルコール発酵と呼ばれます。

 

要はブドウなんかつぶして放置すれば高い確率で酒になるのです。
こんな単純なことで酒ができたので、紀元前何千年も前からワインの存在があるようです。

 

 

 

 

しかしここで取り上げたいのは口噛み酒です。

 

デンプンを持つ食物(煮炊きした米など)を口に入れて噛むことで、唾液中の酵素:アミラーゼがデンプンを糖分に変えます(ごはんを食べてかなり噛むと甘く感じるあれです)。
それを吐いて放置すると、空気中にいっぱいいる酵母が糖分を食べ発酵して、アルコールをつくりだします。

 

これが口噛み酒と言われます。
おもに米を主食としたアジア圏でみられたお酒です。

 

このお酒の起源は定かではありませんが、日本では縄文時代後期くらいには作られていたようです。稲作とセットのようですね。
おもに巫女さんが醸造(くちゅくちゅ)を担当して神様に捧げるお酒として存在していたようです。

 

01イメージとしては昔「はじめ人間ギャートルズ」というアニメで(かなり古くてすみません)お猿さんが果実か穀物などを噛み噛みして口から放つあの輝く液体です。
(作中ではたしか原始時代の設定のバーみたいなところでビアサーバーのようにお猿さんが何匹か鎮座している)

 

 

「口でくちゅくちゅしたものを飲むなんて!」

 

 

そう思われるのが通常の反応だと思いますが…すみません、そこをグッとこらえてもう少しお付き合い下さい。

 

 

では今度は現代の漫画でのお話。

「もやしもん」という石川雅之さんによる傑作発酵漫画がありまして、その中のエピソード。
作中の舞台である東京の某農大の収穫祭か何かで、怪しい面々によるアンダーグラウンドなオークションが繰り広げられます。

 

その中で最大の目玉商品が、アイドルタレントの噛んだガムを使った口噛み酒なんですね。
そしてこれがオタク気質を思わせる学生たちの熱狂を呼び、相当高い値段で落札される…という話。
(作中では、実際はニセモノなんですが)

 

これには本当にしてやられました。
怪しい観客達のアキバ系オタク気質と、原始的な酒を見事結びつけたのです。
この漫画でなければ、そして現代でなければ有り得ない話で、私はそのアイデアに感心しきりでした。

 

 

そして、この考えを人気商売のロジックに当てはめてみれば、かなりの広がりや可能性があると思うのです。

 

世界中の有名人やスターなどに口噛み酒を造ってもらい、そのお酒を飲むことによって「本物と一体化」できる訳です。

 

「ペネ○ペ・クルスのくちゅくちゅ酒、世界100本限定出荷!!」

 

「エドワード・ヴァン・ヘイレンの口噛み酒、本人口噛みストレート醸造 限定3本 『10年分噛んだけど、できたのはたったこれだけさ!』(エディ)」

 

熱狂的なファンなら地平線の果てまで追いかけたい代物です。
「ああ×××様とこれで一緒になれるわ!」
「僕の中に××××がいる!」

いかがですか?
ちょっと心が揺れませんか?

 

さらに言えば、このお酒をずっと培養しつづければ未来永劫その人物といつでも会える(飲める)わけです。
将来「先祖の偉大な人に触れる(飲む)」こともできるわけです。

 

「ダラ○ラマの口噛み酒が今度日本にくるらしいぞ。」

「和尚様!ほ、本当ですか!?」

「ああ、本当だ。集会を開くぞ。みんなで五体投地して何とか手に入れよう!」

 

素晴らしくないですか?
「噛み」酒なので「神」に近づくかもです。

 

「そんなもの、本当にその人のものかどうかわからないじゃないか?」

 

大丈夫です。
科学が高度に発達した現代ではDNA鑑定という素晴らしい証明方法があります。
酒販に関する法律を整備し、DNA鑑定証明を取り入れ、そのお酒のラベルに「DNA鑑定済」と明記して法治国家のもとで購入すれば安心です(ただし「培養」がコピーと判断されれば、本物との区別は難しいかもしれません)。

 

 

 

作り方はいたってシンプル極まりない自然派。

香りや味わいで求められる酒でなく、人間の想像力で楽しむ酒。

そうです、口噛み酒には素晴らしい未来の可能性が眠っている………と日々妄想する私なのでした。

 

 

Wikipedia:口噛み酒

http://ja.wikipedia.org/wiki/口噛み酒

 

 

注:個人での醸造はアルコール1%たりとて酒税法上禁止されていますので、くれぐれも気をつけてください。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

shuran_sanka_s三木 丸

 

飲・食・音をメインに、ポトマック屈指の雑学・知識を誇る、神戸・旧居留地「レストラン オルフェ」支配人・チーフソムリエ。

 

 

Share Button
/** * GoogleMaps jsを追加 footer * * License: GPLv2 or later */ function add_footer_enqueue_scripts_googlemaps_js() { echo ''; } add_action( 'wp_footer', 'add_footer_enqueue_scripts_googlemaps_js', 99 );