【Music コラム】 #5
 Comme à la radio

Share Button

 
 
 
music
 
 
 
僕は誰かに影響されやすい性格で、影響を受けるコトを探してるといいますか。
たとえば午前中に「素敵だな」と思う人に出会ったら、午後にはその人の何かをマネしています。
自分の趣味や好みというのはもちろんあるのですが、素敵な大人たちからイロイロ勉強したい。と思い続けてきたからでしょうか、20代の僕はそうやっていつか「自分らしさができあがったらいいなぁ」と考えていました。
 
音楽に関してもそう。fish for musicがコーディネートして、季節ごとに届けてくれる音楽を、毎日の仕事のなかで聴いて、気になった曲があればメモして、Googleでチェックして、その曲やアーティストのバックボーンを愛してしまったら購入して、自分の中の「お気に入り」に溜め込んでいます。
 
 
TOOTH TOOTHのレストランに勤めて今年で8年になりますが、お店のBGMとして新しい音楽のプレイリストが届くたびに、今回はどんな素敵な音楽が入っているんだろうなと、プレゼントのリボンを解くような高揚する気持ちで、いつも再生ボタンを押しています。
そして新しいプレイリストが店内のスピーカーから流れると、お店に新しい景色と空気が生まれて、料理やお酒の印象にも少しの変化を加えるように感じます。
 
TOOTH TOOTHの音楽と料理は常に切っても切り離せない関係にあります。旬の上質なポピュラーソングと旬の食材。何年も前からお店に流れている一曲と、何年も前から変わらない特別な一皿のレシピ。その両方を同じように価値のある物として大切に扱ってきているのがTOOTH TOOTHだと感じています。
 
a現在の「TOOTH TOOTH maison15th」ができる前、旧居留地にあった「BRASSERIE TOOTH TOOTH」というお店の話になりますが、厨房を臨む飾り棚には、ピカピカに磨かれた銅のソースパンの隣に、ブリジット・フォンテーヌの『ラジオのように』のレコードジャケットが飾られていました。まるで料理と音楽が素敵に交わるように。
 
 
「今かかっている音楽って、なんていう曲ですか?」
 
テーブルや、お会計のときにお客様からよく頂戴する質問です。
 
「ワインのいいつまみになるから、家で1人酒の時に聴きたいなあと思って…」
 
お客様が僕たちの大好きなことに興味を持ってくださって、共鳴してくださった瞬間!
お店でお迎えする立場として、このうえない嬉しさを感じます。
いつでも曲名をさっと記してお客様にお渡しできるように、ポケットにはとっておきのアンティークの紙切れを忍ばせて、そんな機会をちょっぴり期待しながらお待ちしています。
 
僕たちのお店で発信しているものが、誰かの「お気に入り」に加わっていく。
素敵な大人たちの世界に、自分が少しだけ近づけるような気持ちになりながら、来たるべきその共鳴の瞬間を今日も楽しみにしています。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
03嶋野謙介
「TOOTH TOOTH GARDEN RESTAURANT」店長
1984年6月3日生まれ ホヤホヤの30歳
今夏のヘビロテはCayucasとMac Demarco
 
 
 

Share Button
/** * GoogleMaps jsを追加 footer * * License: GPLv2 or later */ function add_footer_enqueue_scripts_googlemaps_js() { echo ''; } add_action( 'wp_footer', 'add_footer_enqueue_scripts_googlemaps_js', 99 );