【スタッフBlog】 #10
 想い+思い+重い

Share Button

 
 
 
staff2
 
 
 
すべては、菊池マネージャーの一言から始まった…
 
「アルゼンチン大使館でパーティーあるんだけど行ってみる?」
 
 
 
一も二もなく、即答で「行きたいです!」。
 
…なんて安易に答えてしまったがためにはじまった苦悩の日々…。
ドレスコードとかよくわかんない!
大使に何か話しかけられたらどうしよう!
とか、勝手な想像が当日まで私の頭の中をぐるぐるぐるぐる…。
 
 
そして迎えた決戦(勝手に戦いになっている)当日。
広尾なんてシャレた駅でぶどう係長と待ち合わせ。
ドキドキしながら閑静な住宅街をテクテク。
お世話になっているワイン業者の方と談笑しながら大使館の中へ。
 
a
 
当日のスタメン!
b
 
まずは食前にキンキンに冷えてるトロンテスをいただく。
東京タワーを目の前にいただくワインは格別に美味いモンです。
温度が上昇すると香りを変えるトロンテス。
二度美味い。
 
そんなこんなしていると挨拶が始まるとのこと。
今回は、私のお店「BARBARA market place 325 霞ヶ関店」でも使用しているワイン生産者、スサーナさんの来日パーティー。
 
ワインやアルゼンチンに対する色々な想いをお話ししてくれました。
生産者の想いを知り、共感することにより、私たち売り手の気持ちや言葉にも重みが出てきます。
スサーナさんは社会貢献にも力を注いでいて、お話を聞きながらポトマックに似ているなーなんて。
 
スサーナさんの講和終了後は、立食パーティー!
アルゼンチン料理が振る舞われます。
素材の味を活かした味付けが多く、これまたワインが進む!ススム!!
特に色んな部位の肉を焼いたステーキとアルゼンチン産のちょっと若めなカベルネは最高のセッション!!!
ついつい食べ過ぎちゃいました…
 
 
c美味しいワイン片手に大都会の風にあたりながら色々考える。
 
地域を活性化させるのも企業やお店の役目であると思うのです。
ただ営業するだけでなく、地元の人と密になる。
そうすることによって絆が産まれ、地元に根付く。
ウチのお店も、もっともっと地域に根付いたお店にしていきたいなー。
 
 
 
色んな想いを胸にワインで少し酔った重い体で帰路に着く。
深~い深~い地下鉄の駅に潜りながら今日のことを思い出し、反芻する。
 
「明日からも霞ヶ関の街を笑顔にするため頑張ろっ!」
 
 
 
 
 
そして酔った体は言うことを聞かず何度も電車を寝過ごすのであった。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

profフォガーティ小夜子

BARBARA market place 325 霞ヶ関店」のサービス番長。
ぶどう係長指導のもとワイン愛を育み、お客様にお届けしています。
 
 
 

Share Button
/** * GoogleMaps jsを追加 footer * * License: GPLv2 or later */ function add_footer_enqueue_scripts_googlemaps_js() { echo ''; } add_action( 'wp_footer', 'add_footer_enqueue_scripts_googlemaps_js', 99 );