【スタッフBlog】 #11
 from ココノハ

Share Button

 
 
 
staff2
 
 
 

初めまして。「ココノハ piole姫路店」の藤井です。
 
初めて書かせて頂く、スタッフブログ。
少し緊張しますが、現場で働かせて頂いている中、私が一番伝えたいことを書きます。
 
message
 
私がポトマックに入社して1年目に勤務していたのは、今の「こなな三宮店」に移転するまで営業していた「こななトアロード店」。
 
接客もお客様とコミュニケーションをとることもまだまだ未熟だったその頃、いつもお仕事の休憩時間にランチでご利用いただいていた、あるお客様がいらっしゃいました。
 
 

きっかけは、お客様からの「フォークください」でした。
といっても、フォークをお出しするのを忘れたわけではないですよ。
こななは”和ぱすた”のお店なので、カトラリーケースの中にはお箸をご用意しているんです。
もちろんフォークの準備もありますから、お出しして召し上がっていただきました。
 
 
そのことがあってから、そのお客様には”ぱすた”と一緒にフォークをお持ちするようにしたり、「いつもありがとうございます」という感謝の気持ちをしっかりお伝えするようにしたり。
 
そうしていると、お客様から「よく覚えてくれてるね、ありがとう」というお言葉を頂き、私の名前も覚えていただけて、お客様のこともお名前でお呼びする、そんな大切な常連様となりました。
 
よくご注文いただいていたのは『蒸し鶏と枝豆の白味噌クリーム』のパスタランチセット。
ランチタイムのコーヒーが大好きなことも伺いました。
 
 

shopある日、いつもはおひとりでご来店されていたそのお客様が、お友達とご一緒にお越しになりました。
 
自分でも経験がありますが、お気に入りのお店に友達を連れていくというのは「このお店いいでしょ?」という意味もありますよね。
うちの店をそんなふうに思ってもらえたことがとても嬉しいのと同時に、その思いを裏切らないよう、お友達にも気に入っていただけるよう、精一杯のおもてなしをさせていただきました。
 
おふたりはおしゃべりに花が咲いて、お店での楽しい時間を過ごしていただけたご様子。
もちろんドリンクはコーヒーをそっとお出ししました。
 
 
その日のお帰りの際にお客様からいただいたのが、冒頭の写真のメッセージです。
スタッフみんなで喜び合った最高の瞬間でした。
 
この日、私はサービスの本当の意味を知ることができ、
人との繋がり、相手を思う気持ちを学べた最高の出会いでした。
 
 
staff
現在「トアロード店」は移転し、三宮店としてみなさまにご利用頂いておりますが、今でも以前「トアロード店」があった場所を通ると、そのお客様の顔が思い出され、一緒に働いていた仲間は元気かなぁ…という気持ちが込み上げてきます。
 
1年目の私にとっては、お店が移転してしまうことは寂しくて辛いことでしたが、すごく良い経験をさせてもらったのも確かです。
その経験があって、今の自分がいるわけですから。
 
立ち止まった時はこの時のことを思い出し、初心の気持ちを忘れず、今も大事にしています。
 
 
4年目の今は、店長という役目を頂き、「人々を楽しませることを心から楽しむ」ことを、日々一緒に働いてくれている仲間に伝えることをモットーに過ごしています。
 
「人の笑顔、自分の笑顔を大事に出来る人になってほしい」とスタッフには願っています。
そして「そう願うからには私が一番輝いていなくちゃ!!」という気持ちで、笑顔を忘れずキラキラ輝く毎日を、これからもスタッフ、そしてお客様に伝えていきたいと思います。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
prof藤井 梨瑠
1991.10.01 生まれ
ビール大好きです!!
エクボがチャームポイントです(笑)
抜けている所が多々あるみたいで、周りからよくそう言われます…。
笑顔でいられるお店、スタッフが大好きです!
 
 
 

Share Button