【スタッフBlog】 #19
ちゃレンじ to ちぇんジ

Share Button

 
 
 
staff2
 
 
 
CHANGEとCHALLENGEが一緒に足音もなくやって来たあの日から…早2ヶ月。
 
神戸から東京。
そして
東京から大阪へ。
 
振り返ると、空回りしつつもチャレンジする事に必死だった9年前から、少し見える景色も変わり、寒くなりはじめた今日も変わらずチャレンジの日々が始まろうとしているわけです。
 
 
 
シーンは変わり、数日前の神戸でのミーティング。
 
この秋の大きな転機だから…ということで今回のブログ担当として白羽の矢が。
しかし改めて自分のことを書くとなると、ココまで書き進めるだけでも小っ恥ずかしくて堪りません。
 
しかしこれも新たな経験、チャレンジということでしばしお付き合いいただけると幸いです。
 
 
 
さて「チャレンジ」というワードが出てきましたが、これを読んでいただいている皆さんも、そしてもちろんポトマックの仲間たちもそれぞれに日々何かにチャレンジを重ねていることかと思います。
 
自分自身ポトマックに入社して13年、自分なりに日々チャレンジ精神を大切にして取り組んで来たつもりです。
 
これまでの中で大きなチャレンジというと…
 
勢い任せに故郷・高知から神戸へ夢や希望を詰め込んでポトマックに飛び込んだ、あの時。
愛着が湧き始めた神戸から東京へと拠点を移しての約9年間。
そして東京から関西へ戻ってからのこれから、ということになるでしょうか。
 
 
自分の生活環境は元より、人、カルチャー、街の環境や動向など地域によっての違いはやはり大きく、その中でいかにして自分を生かし、生かしてもらうかは常に何処に行っても、何をするにしても大きなチャレンジだと思っています。
 
 
今回、大阪を担当にあたって最初のチャレンジは、11月にオープンした日本最大級の複合施設『EXPO CITY』においての、ポトマックの東京発ブランド「BARBARA」の出店でした。
 
個人的には久しぶりの新店舗立ち上げということや、これまで東京で自分が担当していたブランドであるということもあり、内心に焦りと興奮とアドレナリンとをいびつに入り交らせながら、プロジェクトはスタートしたのでした。
 
 
そこで改めて感じたこと。
 
施設自体がまっさらの状態から作り上げるため、シーンやニーズ、お客様の層なども見えないまま、試行錯誤し捻り出した商品ラインナップ。
 
06
 
ご来店いただくお客様はもちろんのこと、提供する側の私たちまでが思わず「素敵!!」って思える空間とデザイン。
 
01
 
気付くか気付かないかの細かいディテールに至るまでもが立体的に組み上がって行くストーリーが目の前に浮かび上がり、『想像』と『創造』とが白地のキャンバスに色濃く描かれていく景色は、まさしくポトマックの理念に紐づくストーリーだったと思います。
 
02
 
そういった見えないシルエットを形にしていく企画デザイン担当さんのプロとしてプライドに改めて驚愕し、想像をゆうに越えて行くシェフの料理感・世界感に改めて引き込まれ、そこには決して文字には出来ない『チャレンジ』という名の色濃い時間があったことを、間近で感じ得たのでした。
 
 
 
そして2015年11月19日
 
「バルバラ エキスポ レストラン」グランドオープン!
 
今までなかったものが浮かび上がって形作られ、ライフスタイル・日常として溶け込んでいく。
期待に胸を踊らせはしゃぐ子供たちやカップル、仲睦まじいおじいちゃんとおばあちゃん。
ほんとに幅広いお客様に喜んでいただけている様子を見て、ホッと胸をなでおろすとともに、非常に感慨深い1日になりました。
 
04
 
しかし、そこで安心してばかりいられないのが自分の立場。
皆さまに楽しんでいただける良いスタートが切れたのは確かですが、内側・外側にまだまだ課題は山積しているのもこれまた確か。
これが終わりではなく本当のスタートであり、次へのチャレンジに邁進したいと改めて思いました。
 
 
最後に…
 
何かにチャレンジすることはひとつのミッションであり、変化をもたらしていくこと。
その中で人は誰かの為に、また、その場に必要とされる事が一番の原動力となり、さらなる成長として笑顔が横に繋がっていくように私自身そう思います。
 
 
━━━━━━━━━━━━
 
05
西川 禎慶
四国から関西へ、関西から関東へ、黒潮の流れとともに北上したと思いきや、このたび関西に戻ってきた土佐の”いごっそう”。
現在プチ単身赴任中で気楽で寂しいひとり暮らしを満喫中?
 
 
 

Share Button