NEWSニュースリリース

カテゴリ:プレスリリース

心地良い音を。「fish for music」からの”STAY TUNE”

神戸からお洒落で気持ちのいい音を届ける音楽レーベル「fish for music」から、
おうち時間や日々の生活の中で“音”を通じて心が優しくなれるインストゥルメンタルサウンドを。

日記を書くようにギターの音を幾重に重ね合わせた、オルタナティブで海外からも注目されているギタリスト”Inagaki Tomoya”のデビューアルバム「The Home Recordings」が、fish for musicよりSpotify、iTunes Store、各配信サイトでのストリーミング配信・販売をスタートしました!

【Inagaki Tomoya / The Home Recordings】
1.海 辺 の 音
2.てんで ばらばらな
3.茶 色 の  朝
4.現時点 ・ 現自転
5.灰色の空の下
6.霧の中の風景
7.−  に よって の  −
8.ニセモノ の 白 黒    本 物 の モノクロ
9.さよなら  地球 こんにちは  宇宙
10.見えない音、聴こえない絵
11.ぼんやり と かすむ

【アルバムコメント】
作曲、制作、ジャケット写真まで、全てをセルフプロデュースでお届けするThe Home Recordings。17歳からの27歳までの10年間、日記を書くように作った曲をまとめたモノ(記録)。静かな映画音楽をイメージしたインストゥルメンタル作品(全11曲)は、自然と創作行為を繰り返す中で、音を表出する事で重なり形になったもの。アルバムを通して1つのストーリーとなっている。

【配信・販売サイト】
▼Spotify
https://open.spotify.com/user/kq8ph8l8u8i7x406arxd82h3b?si=z-skUmlxTjut4aPpJ-yRZA
▼iTunesStore
https://music.apple.com/jp/album/the-home-recordings/1506601140
▼その他配信・販売サイト
https://linkco.re/90z0xTP9
▼fish for music公式サイト
https://fishfor.jp/

【Inagaki Tomoya プロフィール】

17歳で音楽の宅録、油絵の制作をはじめる。
大学では油絵を専攻しながら、音楽と写真の制作に没頭。
のちに写真家、安永ケンタウロスの元でアシスタントとして活動。

安永さんの目の感覚や作品の繊細さ、完成度の高さ、仕事の丁寧さに圧倒されながら、一方で自身の表現を模索し音楽や写真の創作行為の可能性に挑戦。

主に多重録音や多重露光といった、記憶と記憶が重なるような、意識と無意識がひとつに重なったような作品づくりを追求。日記を書くように録音してきた自身のギターを重ね合わせ独自の世界観を表現している。現在は生演奏をするために再現可能な音楽の制作に奮闘中。

“海辺の音”から始まる全11曲のインストゥルメンタルMUSICを、皆さんのリラックスな時間にぜひ聴いてみてください。

EVENT&FAIR TOP
CONTACT

店舗に関するお問い合わせ、プロモーション・タイアップのご提案、取材・撮影についてのお問い合わせ、
店舗物件のご紹介、食材・飲料等のご提案、その他
ポトマックへのお問い合わせはこちら

CONTACT
page top